Q. 身体のゆがみが精神・身体の不調につながるのは何故?

整体

A. それは、「体液」の循環が低下するからです。

 

ゆがみにより…

 

✽ 神経の伝達機能が低下します

✽ 内臓機能、筋肉の動きに影響を与え、身体全体の機能が低下します


✽ 内臓機能の低下から、疲れやすくなります

✽ 酸素や栄養・老廃物の循環低下から、細胞が弱ります

✽ 自律神経の働きが低下し、ホルモンバランスが乱れることで精神面の不安定さにもつながります

 

 歪みと不調 

 何故なのか、更に詳しくみていきましょう。

 仙骨と腸骨の接合部を、仙腸関節といいます。この関節はわずか0.何ミリずれていても(レントゲンでは分かり辛い)、脳神経系や背骨は異常を感じ、常にストレスがかかるようになります。特に女性は子宮・卵巣に負担をかけ、月経時や婦人科系疾患などに影響してしまいます。

仙腸関節の歪みで内蔵や身体全体の骨格・筋肉・血管・神経などが日々ストレスを受ける事になるため、その状態が長く続くと不調として現れやすくなります。

 

 

歪みやコリ・ストレスで呼吸が浅くなると?

皆さんは、呼吸を深くされていますか?

本来は深い呼吸により横隔膜という筋肉が上下にしっかり動き、肝臓や胃をマッサージしてくれています。深い呼吸は内蔵にしっかりと血液が届け、働きをよくするのです。

呼吸が浅くなるとこの自然な働きが低下してしまいますが、季節により無意識でも呼吸がしづらく、浅くなってしまう時期があります。この時に体も不調になっていらっしゃる方がいます。

さらに「内蔵の疲労はカラダの歪みを招く」事をご存知でしょうか?急に痛み出した部位は、内蔵をケアしたり温めるだけでも痛みが緩和することは珍しくありません。逆に悪い姿勢が内蔵に負担をかける事もあります。これを知ると、内蔵の機能に負担をかけないように大切に考えて頂けるのではないでしょうか?

 

次に、調整する部位について簡単に解説していきます。

 

 

  整体で歪みを調整する「 仙骨」とは? 

仙骨は「仙人の骨」と書き、生命維持・向上に関わる大切な命の骨とも呼ばれます。仙骨と後頭骨は背骨でつながり、1分間16~17回連動しながら脳脊髄液を送り出す「ポンプ運動」をしています。また、仙骨は骨盤の中央に位置し、私たちの体の重心は仙骨にかかっています。建物でいうと土台にあたり、正しい状態にないと全体のバランスに影響し、歪みを招くのです。

この仙骨から後頭骨の歪みは、脳脊髄液の巡りに影響を招きます。

 

では、この脳脊髄液とは何でしょうか?

 

 

 脳脊髄液とは?

脳脊髄液は頭蓋骨と脳の間や脊髄神経の周りなどで流れ、絶えず一定のリズムで循環しています。脳脊髄液は脳や神経の保護、神経細胞への栄養素やホルモンの運搬などを行い、とても重要な役割を果たしています。

 

 

 

 仙腸関節や身体の歪みを正しい位置にすると? 

骨格・筋肉・内蔵へのストレスが減り、体液(血液・リンパ液など)の流れも良くなり、免疫力を高めることができます。自己の持つ自然治癒力が最大限引きだし、未病予防が可能になります。また、疲れが溜まりにくい正常な状態へと導きます。

 

★ただし、過度な疲労や生活の乱れは肉体的・精神的ストレスになり、それによる不調は避けることができません。調整された身体の健康なバランスを損なわないように適度に休息し、日頃から身体を支えて老廃物を運ぶ他様々な働きをしてくれる「筋肉」を衰えさせないようにケアする事は、やはり大切です。

疲労を溜めないように、上手な身体とのお付き合いをして頂けたらと思います。

 

 

 

 調整後のメンテナンス 

当院での調整後は同じように肉体が疲労しても一回の施術で戻りが早く、見違えるように身体がすぐに楽になる方が多くいらっしゃいます。正しい状態を脳が記憶し直しているため、効果が出やすくなるからです。辛くなる前の健康維持にご活用下さい。

 


カイロプラクティック








お電話で空き状況をご確認下さい