どうして「ABC」ですか?「ゆがみ」のメカニズム

ABC疲労回復整体の「ABC」って?

 

ここでは、当店の整体メニュー、

「ABC疲労回復整体」

 

「A(アキレス腱)」

「B(バランス)」

「C(頸椎)」

 

について、それぞれ説明していきます。

 

 

名前の通り、この整体の中では身体には「バランス」を取る場所が2つあると考えています。

 

 

それが、「C(頸椎)」と「A(アキレス腱=足首)」です。

 

 

この2か所が、立った姿勢の上下でそれぞれバランスを取る役割をしているんですね。

 

 

それでは、上から順にご説明しましょう!

 


ゆがみのメカニズム、最初は「頸椎」

 

まず、「C」の頸椎からお話しします。

 

 

頸椎の英語の頭文字を取って、「C」になっています。

 

 

実は、頸椎ってとても重要です。

 

 

あまり普段意識しないかもしれませんが、身体にとても大きな影響を与えているんですよ! 

 

 

というのも、人は疲れると、基本的に体が前かがみになり、猫背になります。

 

 

これは程度の差はあれ、誰もが同じような姿勢になります。

 

 

この時に、「頸椎」(特に頸椎1番)が一番最初に動いてバランスを取ろうとします

 

 

 すると、背骨に沿って太い神経が通っていますが(脊髄)、その神経の流れが悪くなるので、身体全体が固く、機能も低下していきます

 

 

すると、回復力が下がっていきます。

 

 

この流れが続くと、ますます疲労して、ゆがみやすくなるというスパイラルに入っていきます。

 

 

 

順番に書くと・・・

 

  1. 疲労がたまる
  2. 姿勢が悪くなる
  3. 「頸椎」がゆがむ
  4. 神経の流れが悪くなる
  5. 回復力が下がる
  6. 疲労がたまりやすくなる(1に戻る)

 

 

こんな流れで、ますますゆがみが強くなるということが起こっていきます。

 

 


そして、「A」(アキレス腱)へ

 

上のような流れで、疲労から姿勢が悪くなり、頸椎のゆがみが起こりますが、

その状態がしばらく続くと、だんだん前かがみが強くなっていきます。

 

 

すると、前に倒れないために、身体の後ろ側の筋肉が緊張して、アキレス腱が固く張ってきます

 

 

これが、疲労から始まった身体のゆがみが、第2段階のアキレス腱のゆがみへと進んでいった状態です。

 

 

「足は第二の心臓」とよく言いますが、それは「ふくらはぎ」のことなんですね。

 

 

その「ふくらはぎ」が固くなるので、身体全体の循環が低下していきます。

 

 

すると、身体の必要なところに必要な栄養素や酸素が運ばれず、老廃物も出すことが出来なくなるので、滞りが出来てきます

 

 

これがコリだったり、更なる回復力の低下、そして色々な不調としてあらわれてくるわけです。

 

 

 

このようにして、身体のゆがみが進んでいき、より疲れやすく、

より不調の出やすい状態へと状態が変化していくと考えられています。

 

 

順番に書いてみると、

 

  1. 猫背の状態がしばらく続く
  2. より前かがみが強くなる
  3. 背中側の筋肉が緊張する
  4. アキレス腱の硬直(足首のゆがみ)
  5. 身体全体の循環の低下
  6. 更なる回復力の低下(1に戻る)

 

この様に身体が変化していきます。

 


「ゆがみの起こり方」を知れば調整できる

 

さて、人間が生活していくうえで、疲労からゆがみが起こる過程が上記の様になっているとわかると、調整すればよいポイントがわかってきます。

 

 

それが、「頸椎」「足首」ですね。

 

 

そのため、この疲労回復整体では、身体の上下でバランスを取っている、

「頸椎」「足首」の二点を調整することで、

身体全体の「機能」「循環」の調整を行っているんですね。